一般ドック検診


           このページのトップへ 


検査項目は以下の通りです。

ほぼ半日で検査は完了します。判明した検査結果は、その日のうちに外来診察でお話しできます。詳細は、後日文書で通知します
もし異常の疑いが見つかれば、健康保険を使っての更なる精密検査や治療を行うことが出来ます。

* 医師診察
     問診・一般内科検診
* 身体測定
     身長・体重・標準体重・肥満度・視力・聴力・血圧
* 尿検査
 尿の正常と色々な物質の排泄状態を調査します。pH、糖、蛋白、潜血 ウロビリノーゲン、ビリルビン の半定量ならびに沈渣の検鏡
* 便検査
 便中に血液が混じっていないかの検査です。潜血反応(2回)
* 血球検査
 血球の数と性状の検査です。白血球、赤血球、血小板、ヘモグロビン、ヘマトクリットなど
* 生化学検査
 一般検査、肝機能、膵機能、腎機能など
* 腫瘍マーカー
 癌などのチェックのためです。
男性には、前立腺癌検査のためのPSAの定量も行います。
* 心電図検査
 心臓のリズムや動きを電気的に検査します。
* 肺機能検査
  肺活量や肺換気機能などの呼吸機能を定量的に測定します。 
* 胸部X線検査
  X線による肺の一般的検査です。
* 胸腹部CT検査
*胃十二指腸内視鏡検査 
* 
内臓脂肪検査
 腹部のX線CT撮影を行い、専用ソフトにより内臓脂肪量を画像化して算定します。
     
脚注
これらの検査により異常を認めれば、次のような検査などを健康保険により行うことが出来ます。
*腹部超音波検査
 超音波によって、腹部内臓とくに肝臓や腎臓が、精密に描写され、腫瘍や結石などの 有無も検出出来ます。
*大腸内視鏡検査 


費用は健康保険診療費と同額です