みどりの風3月号


緑風会病院 だより 平成18年 3月号

季節の変わり目です。

インフルエンザなどの流行も続き、花粉症が最盛期を迎えます。
健康に気をつけながら、花の咲き誇る美しい春を迎えて下さい。


次へ  みどりの風のトップに戻  


インフルエンザ・ウイルス性胃腸炎・風邪

風邪は、冬に多いごくありふれた病気の総称です。
あまり重症ではなく、一般的な治療だけで治ります。
インフルエンザの脅威が叫ばれて以来、この病気の理解はずいぶん進みました。
もちろん、普通の風邪とは違って遙かに重症です。
ウイルス性胃腸炎は、また別のウイルスで発病する病気で、腹痛、嘔吐、下痢など消化器症状が主です。
全身衰弱がひどく、輸液療法が有効です。
3月の中旬までは、これらの病気の流行が続きますのでご注意下さい


花粉症の予防と治療

今月は、スギの花粉が最も盛んに飛ぶ月です。間もなく、ヒノキの花粉が優勢になります。
花粉症は、抗アレルギー剤を予防的に飲んでおけば、それほどひどくならないで済みます。
しかし、予防に失敗して強い症状が出現してしまえば、抗ヒスタミン剤を併せて飲むよりほかはありません。花粉症のある方は、出来るだけ早くご相談して下さい。


ドック検診

 
本格的にドック検診を始めています。
簡易ドック検診、一般ドック検診、脳ドック検診の3種類を行っています。 
昨年来、いろいろな検査機器を導入し、検診の精度が上がっています。 
新しいMRI の導入で、脳ドック検診のご希望が増加しています。 
外来受付、又は診療医師などにお尋ね下さい。
当院ホームページにも、詳しく紹介しています。