地域包括ケア病床

地域包括ケア病床とは


急性期の治療後、在宅や介護施設への復帰にむけた医療や支援を行う病床です。
医師・看護師・理学療法士等が支援し、患者の皆さまが安心して地域へ戻っていただけるよう、退院への準備を進めていきます。

対象となる方

  • 状態は改善しているが、退院後の生活に向けて入院での理学療法が必要な方
  • 状態は改善しているが、少し経過観察が必要な方
  • 退院後の生活に向けて、居住環境の準備のため一定期間が必要な方

入院費について

入院費は原則として定額で、入院基本料・理学療法・投薬料・注射料・処置料・検査料・画像診断料などが含まれていますが、出来高算定となる診療行為・投薬・注射などが生じる場合もあります。
治療内容によっては自己負担額が増額する場合もございます。70歳以上の方は月の医療費の負担上限が定められていますので、一般病棟の場合と負担上限は変わりません。

ご不明な点がございましたら、ご相談下さい。

入院に関してのお願い

  • 病状により医師の判断で一般病棟へお移りいただく場合があります。
  • 入院期間は病状などに応じて調整しますが、保険診療上最大60日となります。それを過ぎての入院はできません。