理事長は元医学部救急医学講座教授(大阪大学名誉教授)であり、診療、手術などで陣頭指揮を取っています。
殆どすべての医師が、大阪大学医学部高度救命救急センターと整形外科教室ならびに関連病院の出身者です。
夜間当直医も全て、同様のスタッフですから、きわめて高度の救急診療能力を維持しています。


理事長 杉本 侃 
大阪大学医学部(昭和30年)卒。大阪大学医学部に救急医学講座を創設して初代教授に就任しました。日本救急医学会の初代理事長として、日本の救急医療システムの創設に貢献しました。平成7年に定年退官後、すぐに緑風会病院理事長に就任しています。大阪大学名誉教授。医学博士。元文部省医学視学委員。日本外科学会認定医・指導医、日本救急医学会認定医・指導医。財団法人日本中毒情報センター理事長も10年間つとめました。
副理事長 杉本 瑞生 
東北大学医学部(平成3年)卒。阪大整形外科ならびに関連病院で研修の後、阪大医学部大学院博士過程に入学し平成10年に修了しました。その後、厚生年金病院を経て市立池田市民病院で整形外科医長に就任しました。四肢の外傷、膝などの人工関節手術、手の外科など多方面に豊富な臨床経験を持っています。医学博士。日本整形外科学会専門医

院長 小林 久
長崎大学医学部(昭和48年)卒。大阪大学特殊救急部を中心に阪大微研外科、防衛医大救急部講師などで10年間にわたり勤務したあとで、西宮県立病院救急部長として勤務しました。阪神大震災では、被災地の第一線で活躍し、マスコミにも繰り返し取り上げられました。消防の救急隊教育にも長年尽力し、この方面の指導者としてもよく知られています。緑風会病院では院長として、脳神経外科、外科、麻酔科を統括して活躍してきました。医学博士。日本救急医学会認定医・指導医。
院長補佐 (放射線科部長) 吉村博英

   大阪市大(平成3年)卒。大阪市立大学とその関連病院で研鑽
   積み.,淀川キリスト病院の放射線科副部長として勤務しま
   した。平成24年7月から当院放射線科部長に就任しました.
   画像診断ならびにIVRの専門医です

副院長 播本 和敬
和歌山大学医学部(昭和56年)卒。千里医療センター外科、千里救命救急センターなどで研修の後、本院で勤務。本院で当院コンサルタント医について内視鏡検査、循環器内科、泌尿器科などについて幅広い研鑽を積んできました。本院勤務経験がもっとも古く、多方面の知識を持ち、病客から最も信頼を受けています

整形外科部長 小泉寿章

川崎医大(平成元年卒)。大阪大学整形外科に入局し,以後関連病院で整形外科疾患と外傷について診療と研鑽を積み、平成19年から住友病院整形外科において脊椎部門の、責任者を勤めていました。
椎間板ヘルニア,脊椎管狭窄症などの内視鏡手術に高い評価を受けています。
日本整形外科学会専門医

先進漢方医学 岸田友紀

鳥取大学医学部(平成8年)卒 大阪大学整形外科に入局し学位をを取得後、関連講座の漢方医学講座の講師として勤務し、現在は大阪大学先進融合医学共同講座の招聘准教授
です。
医学博士、日本整形外科専門医・同認定リハビリテーション医・
日本東洋医学会専門医
西洋医学と漢方医学を取り込んだ新しい立場からの治療を行い高い評価を受けています。
   神経内科 松原 毅
大阪大学医学部〔昭和45年)卒。阪大病院とその関連病院で研修ののち、大阪府立成人病センター第2内科に転じ、やがて同部長に昇任して活躍しました。その後、高石市立診療センター長を経て、平成17年4月より本院内科部長に就任しました。現在は非常勤にとして,外来診療を続けています。日本内科学会認定医、指導医。日本神経学会専門医。日本脳卒中学会、日本頭痛学会、日本脳神経超音波学会会員。

看護部長 増田えみ
   大阪府立病院看護副部長、大阪府立精神医療センター、
   看護部長、大阪警察病院副院長兼看護部長を歴任し、警察病
   院看護専門学校長を兼務した。平成29年定年退官、当院看護
   部長に就任。
   平成21年瑞宝双光賞の叙勲を受けています

顧問 岸田貞子
大阪府立病院看護部長、藍野病院看護部長を歴任し平成11から当院看護部長に就任。当院の大発展に多大の功績を挙げました。本年後進に道を譲り顧問に就任。日本看護協会大阪府支部教育委員長、大阪府看護部長会会長、大阪府看護連合会ナースバンク運営委員、大阪府准看護婦試験委員、などの経歴を持っています。平成12年に勲六等宝冠賞を叙勲されています。 
   
 コンサルタント医
泌尿器科、循環器科、ペースメーカー、形成外科、人工関節の外科、特殊な画像診断などについては、大学の名誉教授、教授、講師、官公立病院の部長クラスの医師達を、週一度以上定期的に招聘し、外来および入院患者の診療や手術などの指導をお願いしています。