本年更新のCT・MRI装置は順調に稼働しています




本年、更新した装置では、診断能力は多方面に拡がり精緻となりました。CTではほぼ、すべての部位の3次元表示ができ、侵襲なしに心臓の冠動脈の撮影、表示が可能になります。
MRIも頭部・脊椎などに加えて腹部など全身での利用が可能で、鮮明な血管像も撮影できます。
なお、画像所見は放射線診断専門医の吉村博英が所見をFaxならびに郵便で
お送りいたします



ソチオリンピックの選手村の公式CT



救急告示医療機関
救急医療患者の収容は、社会的注目を集めていますが、当院では関係大学の協力を得て、医師や看護スタッフの確保を続けています。平野、東住吉の医家の皆様には、今後ともご支援・ご指導をよろしくお願いいたします。


病診連携
当院は地域医療の一環としての病診連携を最も重視しており、重症度と専門性に応じて、近隣の医家各位と患者を相互に紹介し、患者のためにも役立つ良い関係を結ぶことを念願としています。
これは、三次の救命救急を行ってきた大阪大学特殊救急部の伝統でもあります。
検査などが終わり次第、患者さんの病状をFaxやお手紙などで、逐次お知らせいたします。


通常の外来診察の場合
般的な紹介状で十分ですが、投薬の薬品名や量を記載していただくようお願いいたします。
入院ご希望の場合
電話で、あらかじめご連絡いただければ、すみやかに病院への収容の用意をいたします。
近隣医家からのご紹介の場合は、ベットが混雑しているときでも、万難を排して収容いたします。

特殊検査の場合
MRI、CT 予約方法こちらをご覧下さい。
超音波検査(腹部エコー、心エコー、乳腺、甲状腺などの軟部組織エコー)内視鏡検査(上部消化管、下部消化管、気管支鏡、膀胱鏡
超音波検査、内視鏡検査などは、術前準備などのため、通常の外来受診が必要です。

画像はCDで患者にお渡しします。所見は吉村部長が作成し、Faxでお送りするとともに、サムネール画像を添え説明とともに郵送します。



緑風会病院

緑風会病院